生活保護の申請条件金額等を知りたい!
*

生活保護 借金についてのまとめ

(公開: 2019年02月12日)

生活保護は借金があると申請できないの?
受給中にはクレジットや消費者金融は利用できるの?

生活保護借金について

生活保護と借金という問題はしばしば話題に上げられます。
ここでは、原則論を下にして考えていこうと思います。ただ、生活保護や借金などは人が扱うものですので、例外的なことも多々存在します。
また、友人知人間での借金問題は別問題になります。
あくまでも基本的解釈による記述になりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

Q.生活保護者は借金があると受けられないか?

基本的には「生活保護は受けられません」。ただし、生活保護申請は出来ます
「借金がある状態」では、生活保護を受けられないわけではないが、福祉事務所で申請はほぼ却下されるが正しい言い方なのでしょうかね。
理由は、「生活保護費での債務返済が禁止されている」からです。支給額は「生活するうえでの必要最低限度」であり、また債務返済に充てる部分の生活保護費支給も当然ありません。よって、借金を返済できるわけがない、というのが通常の考えです。
仮に、生活保護を受けられたとしても借金がなくなるわけではなく、返済していかなければ当然借金は膨らみます。しかし返済する余裕はありません。
ですから、福祉事務所は生活保護申請の前にまず「返済の一時停止」や「破産手続き」行うよう忠告してくるわけです。
債務整理が完了したら、改めて福祉事務所に申請に行けばよいのです。
債務整理中に生活保護申請を行いたい場合であれば、法テラスにまず相談してください。

 

Q.生活保護受給者は借金できるか

結論から言えば、「出来ません」。それ以前に金融業者に借金の申し入れをしても審査で落とされます。
そもそも生活保護費受給中に借金をするということは、「支出の節約に努める」ことをしていないということになり、法律違反になります。受給中に借金をしたことが発覚した場合、最悪支給停止の処分を受ける可能性があります。

 

Q.クレジットや消費者金融もダメ?

できません。生活保護受給者はローンを組むことが出来ません。クレジットカードの使用は一時的であっても債務形成をします。いわゆる借金(負債)です。併せて、クレジットカードの作成も出来ません。
クレジットカードについての詳しい説明はこちら

 

消費者金融についても同様です。現在は特に「年収の3分の1以下までを貸し出しの限度とする」といった規制が消費者金融側にありますので、年収ゼロの生活保護者は絶対に貸してもらえません。収入がある場合でも、生活保護受給を理由に貸してもらえません。



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。